「総合市場前」バス停下車徒歩約1分のあかつか眼科クリニックです。白内障をはじめ緑内障、角膜・網膜疾患、アレルギーなど眼科一般診療及びコンタクトレンズ・眼鏡処方、オルソケラトロジーなどいたします。レーザー治療や日帰り白内障手術などの手術も実施いたします。些細なことでもお気軽にご相談ください。

後発白内障



後発白内障とは

後発白内障の症状白内障手術を受けると、白内障以外の病気が無ければ、ほとんどの患者さんで見え方(視機能)が改善します。しかし術後しばらくたってから視機能が低下してくることがあります。その原因として後発白内障があります。これは術後発生頻度の高い合併症ですが、通常、通院による外来治療で良くなります。

後発白内障の原因

水晶体は水晶体嚢という透明な袋に包まれています。
白内障手術では、混嚢の中身を超音波で破砕吸引し残した嚢の中に眼内レンズを挿入しています。術後しばらくすると、嚢の中に残っている水晶体の細胞が増殖して水晶体嚢を濁らせてしまい、進行すると視機能が低下します。これを後発白内障といい、術後5年で約20%の患者さんに発症するといわれています。点眼薬の使用や眼内レンズの形状を工夫することで進行を遅らせることが可能になってきましたが、現在のところ完全な予防法はありません。

後発白内障の治療

後発白内障の治療レーザーを用いて濁った水晶体嚢に孔を開け、眼内に光が入るようにすることにより視機能を改善します。レーザー治療は痛みも無く短時間で終わります。眼圧が上昇する場合がありますので手術前後で眼圧を計測します。手術後は特に制限事項はありませんので、帰宅後は通常の生活が送ることができます。レーザーで破った嚢の破片が目の中に散らばるので、飛蚊症が生じるがありますが、徐々に改善します。まれに炎症や網膜剥離などの合併症を起こすことがあります。翌日と1週間目に確認のため受診が必要です。後発白内障は一度治療すれば再発は稀です。

治療後

後発白内障の治療後

光の通り道に混濁した後嚢がなくなることで視力向上が見込めます。

▲ページトップに戻る

クリニック情報

診療時間
09:00~12:00
15:00~18:00

●…16:00~18:00
休診日木曜午後、土曜午後、日、祝日

086-441-4660

〒710-0834岡山県倉敷市笹沖1328-1

→GoogleMapで見る

駐車場あり

車でお越しの場合 車でお越しの場合

倉敷駅方面から 元町通、倉敷中央通りを南進、約2.3km、7分右手に見えます。 国道2号線岡山バイパスから 笹沖交差点を倉敷駅方面に進む、150m北進左手に見えます。

公共機関でお越しの場合 公共機関でお越しの場合

「総合市場前」バス停下車徒歩約1分 倉敷吉岡線(両備バス)、倉敷循環線(両備バス)、古城池線(下電バス)の時刻表、経路は、晴れバスなびを御覧ください。

PAGETOP
Copyright © 2018 あかつか眼科クリニック All Rights Reserved.